【葬儀のいろは】家族葬について

家族葬の注意点

家族葬の注意点の写真

家族葬を行うときは、声をかける範囲に誤ると後でトラブルになることがあります。
故人とゆかりがある人物や縁が深い人物を全て家族が把握しているとは限りません。
故人とゆかりがある仕事関係の人や親しい友人などに声をかけずに家族葬を行うと、お葬式を行った後に自宅に弔問され、家族が対応に困ってしまったということもあります。
どの範囲の人まで声をかけるかは、家族が決めることができますが、後でトラブルにならないように慎重に考慮して声をかける範囲を決めることが大切です。
家族葬はこじんまりとしたお葬式になるので、その分費用を抑えることができるのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。
費用を節約するためという理由だけで家族葬を選ぶことも後でトラブルになることがあるので注意が必要です。
最初に低価格で提示をされていても、後で追加料金が発生し、終わってみたら思っていたよりも大きな金額になっていたということも少なくはありません。
料金に関するトラブルを避けるためには、どれくらいの人数で行うのか、式場の規模や装飾などはどうするのか、また、宗教によっても料金が異なる場合があるので、最低でも参列者の数、式場、宗教は明確な希望を出しておきましょう。
最近は家族葬を専門に行っている会社もあるので、まずは信頼できる会社を選び、費用に関する見積もりを出してもらい追加料金の発生などがないか確認してから依頼をすることが大切です。

台東区での葬儀、横浜での葬儀をするならグランドセレモニー