【葬儀のいろは】家族葬について

家族葬とは?

家族葬とは?の写真

家族葬は何かと言われると明確な定義は特になく、家族や故人の親しい友人を中心とした少人数でのお葬式の総称とされることが多いです。
お葬式を行うために必要なことやお葬式の流れなどについては一般的なものとほぼ同じと思ってよいでしょう。
しかし、一般的な葬儀に比べて家族葬は少人数で行うため、故人とのお別れの時間をしっかりと確保することができ、一人一人の想いを反映しやすいので、故人とゆかりがある人だけでゆっくりと見送りをしたいと思っている方は家族層を選んだほうがよいでしょう。
家族葬と名前がついているので、お葬式に参加をするのは家族だけと思っている方も多いのではないでしょうか。
家族だけで葬儀を行う場合もありますが、故人と親しくしていた親族や友人も呼ぶこともできます。
仕事関係の人やご近所の人まで呼ぶことはありませんが、故人と親しくしていた人であれば呼ぶことができるのです。
家族葬は、こじんまりと行うので、密葬と同じではないのかと思っている方もいるようですが、これは間違いです。
密葬は、家族や近親者のみでのお別れを終えた後に日を新ためて本葬を行います。
本葬では多くの人が参列するため、密葬を行うのは会社の社長や芸能人に多いと言われています。
最近は、家族だけでこじんまりとしたお葬式を行ってもらいたいという故人の遺志を尊重して家族葬が行われることも少なくはありません。
そして、実際に一般的なお葬式よりも家族葬が増えているというデータもあり、家族葬は今や葬儀の主流となっているようです。

東京で家族葬を行う場合にオススメの葬儀社はグランドセレモニーという格安の葬儀社です。
東京の葬儀社グランドセレモニー